2012年05月07日

ひえひえ系パッドの常識的効果はいかに?

猛暑の前に後藤よしのりとしてもひえひえ系パッドなどを検討するが、それらが不可解なほど高額でござる。
冷えれば文句無いが、これが短時間のみであったりするから厄介。
寝入りに冷えれば満足な方々は幸せなほう。一方で短時間では困る方々は不満なはず。

ひえひえ系パッドの昨今はジェル系が勢力を伸ばしつつあり、先程申し上げた短時間のみ!に該当するのでござる。
後藤よしのりとしても、ジェル系が3,40分ほどでヌルクなるのは泣けてくる。存在価値ゼロと申す気はないが、それにしてもやはり高額でござることは否めぬ。

ひえひえ系パッドの常識的効果はと聞かれれば、実質ゼロに近いと申し上げておこう。
ただし、ポリエステル系はそもそもコットンより乾きやすく、そういう意味での常識的効果はある。
後藤よしのりが申し上げたいのは、妙な付加価値付けで高額で売られているもののことなのであしからず。



posted by 後藤よしのりでござる! at 05:34| 静岡 ☀| まったく頭にくるぜーカテゴリだな? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。